ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年1月14日 本日の地金ニュース&トピックス

13日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は低調な米雇用統計を受けて買いが優勢となり3日続伸。前週末比4ドル高の1トロイオンス1251ドルで取引を終えた。前週末に発表された2013年12月の米雇用統計で非農業部門の就業者数の伸びが市場予想を大幅に下回った。これを受けて、雇用情勢の持続的な回復に懐疑的な見方が浮上し、米量的緩和の長期化観測が強まったことから買いが優勢となり、12月12日以来、約1ヶ月ぶりに1250ドル台の高値で引けた。プラチナ相場は金の上昇につれて3日続伸。前週末比7ドル高の1443ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!