ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年1月10日 本日の地金ニュース&トピックス

9日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はショートカバーの買いなどに支援され4営業日ぶりに反発。前日比4ドル高の1トロイオンス1229ドルで取引を終えた。12月の米雇用統計の発表を控え、投資家の持ち高調整の買いや、前日までの下落の反動でショートカバーの買いなどが入り上昇した。ただ、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が追加緩和策を示唆したことを受け外国為替市場でドル高ユーロ安が進行し、上げ幅は縮小された。プラチナ相場は金の上昇につれて3営業日ぶりに反発。前日比5ドル高の1419ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!