ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年1月9日 本日の地金ニュース&トピックス

8日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は堅調な米雇用指標やドル高・ユーロ安を受けて3日続落。前日比4ドル安の1トロイオンス1225ドルで取引を終えた。米民間雇用サービス会社オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)が発表した12月の全米雇用報告で、民間就業者数が予想を上回る改善となった。これを受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和縮小観測が広がり金は売られた。また、外国為替市場でドルが主要通貨に対し上昇したことも圧迫材料となった。プラチナ相場は金の下落に圧迫され続落。前日比1ドル安の1414ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!