ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年12月20日 本日の地金ニュース&トピックス

19日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米量的緩和縮小決定を受け大幅反落。前日比41ドル安の1トロイオンス1193ドルで取引を終えた。前日の米量的緩和縮小決定を受けインフレヘッジとしての金の魅力が薄れ、売りが加速した。また、外国為替市場でのドル先高観の強まりも金売りに拍車をかけ、6月28日以来およそ6カ月ぶりに1200ドルの節目を割り込み大幅下落して引けた。プラチナ相場は金の大幅下落を受け7日続落。前日比24ドル安の1318ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!