ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年12月10日 本日の地金ニュース&トピックス

9日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はユーロ高ドル安を手掛かりに3営業日ぶりに反発。前週末比5ドル高の1トロイオンス1234ドルで取引を終えた。米経済指標の改善を背景に、米国の量的緩和(QE)縮小観測が強まっているが、対ユーロでのドル安を受けて、ドル建ての金相場は相対的な割安感から買われた。また、前週末に約5カ月ぶりの安値を付けた反動で、短期的な戻りを期待した買いも優勢となり小幅上昇して引けた。プラチナ相場は金の上昇を受けて3営業日ぶりに反発。前週末比12ドル高の1368ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!