ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年12月6日 本日の地金ニュース&トピックス

5日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米経済指標の改善を背景とした量的緩和の早期縮小観測の高まりで反落。前日比15ドル安の1トロイオンス1231ドルで取引を終えた。発表された米週間新規失業保険申請件数や第3四半期の米国内総生産(GDP)改定値が予想を上回る良好な内容だったことから、米量的緩和の縮小観測が強まりインフレヘッジとしての金の魅力が薄れ売られた。プラチナ相場は金や米株式の下落が圧迫要因となり3日ぶりに反落。前日比12ドル安の1363ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!