ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年11月22日 本日の地金ニュース&トピックス

21日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米量的緩和の早期縮小観測の高まりを受け続落。前日比14ドル安の1トロイオンス1243ドルで取引を終え、一時1235.8ドルと、7月9日以来約4カ月半ぶり安値を付けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や米雇用指標の改善を受け、米量的緩和の早期縮小観測が強まったことから、インフレヘッジとしての金の魅力が低下した。プラチナ相場は米量的緩和縮小観測を背景とした金の下落を受け続落。前日比8ドル安の1391ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!