ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年11月5日 本日の地金ニュース&トピックス

4日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はショートカバーやドル安を受けて3営業日ぶりに小反発。前週末比1.5ドル高の1トロイオンス1314ドルで取引を終えた。8日の米雇用統計を控え様子見ムードが強まるなか、外国為替市場でドルが対ユーロで下落したことをきっかけに、金に買いが入った。また、米セントルイス連銀のブラード総裁ら米連邦準備制度理事会(FRB)高官が、金融緩和策の維持を支持すると発言したことも支援要因となった。プラチナ相場は良好な米経済指標の内容を好感した買いが入り続伸。前週末比4ドル高の1456ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!