ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年10月15日 本日の地金ニュース&トピックス

14日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米財政不安を背景にリスク回避の買いが入り反発。前週末比8ドル高の1トロイオンス1276ドルで取引を終えた。米債務上限の引き上げ期限が17日に迫る中、米政府・与党と野党の間で連邦債務上限や政府機関の閉鎖解除をめぐる協議が週が明けても継続し、事態の進展が見られずデフォルト(債務不履行)への懸念も根強く、安全資産とされる金に買いが入った。ただ、米株式相場が上げに転じ上昇基調を強めると、金は売られ上げ幅を縮小された。プラチナ相場は金や米株価の上昇を好感した買いで反発。前週末比8ドル高の1383ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!