ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年10月11日 本日の地金ニュース&トピックス

10日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米財政問題進展期待を背景に売りが出て3日続落。前日比10ドル安の1トロイオンス1296ドルで取引を終えた。この日、米野党共和党のベイナー下院議長が記者会見で、連邦債務上限の短期間引き上げをオバマ米大統領に提案する方針を表明したことから、米国債の債務不履行が避けられるとの見方が浮上した。これを受けて、米株式相場が大幅上昇し、金には換金売りが出た。プラチナ相場は米財政問題進展の期待感による米株高を好感して買いが入り反発。前日比12ドル高の1392ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!