ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年10月8日 本日の地金ニュース&トピックス

7日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米財政問題の先行き不透明感を背景に安全資産としての買いが入り3営業日ぶりに反発。前週末比15ドル高の1トロイオンス1325ドルで取引を終えた。米財政問題を巡る与野党協議に進展が見られず、投資家心理が悪化し、リスク回避で安全資産とされる金に買いが集まった。また、外国為替市場でドルが対ユーロで下落したことから、ドル建ての金相場は相対的な割安感からの買いにも支援された。プラチナ相場は金の上昇につれて買いが入り続伸。前週末比13ドル高の1398ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!