ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年10月7日 本日の地金ニュース&トピックス

4日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米財政問題をめぐる不透明感を背景に売りが優勢となり続落。前日比7ドル安の1トロイオンス1309ドルで取引を終えた。米連邦政府の債務上限の引き上げを巡り、与野党の問題回避に向けた協議が進むとの見方が浮上したことから、安全資産としての金を売る動きが優勢となった。また、対ユーロでのドル上昇や、米株高などにも圧迫された。プラチナ相場は前日の下落に対する反動で買いが入り反発。前日比15ドル高の1384ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!