ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年10月4日本日の地金ニュース&トピックス

3日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は前日の急反発を受けた利益確定の売りで小反落。前日比3ドル安の1トロイオンス1317ドルで取引を終えた。2014会計年度予算をめぐる与野党の対立は依然解決の糸口が見出せず、政府機関閉鎖が数週間続くとの見方が浮上。さらに、連邦債務上限の引き上げが実現しなければ、米経済はデフォルト(債務不履行)に陥り、マーケットを揺さぶる可能性があるため米景気鈍化でインフレ率が低下するとの思惑が強まり、インフレヘッジとしての金は売られた。プラチナ相場は予算案をめぐる政府機関の一部閉鎖の長期化観測への懸念や米株安を受けて反落。前日比20ドル安の1369ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!