ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年10月3日 本日の地金ニュース&トピックス

2日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米量的緩和縮小の延期見通しを背景に3営業日ぶりに大幅反発。前日比34ドル高の1トロイオンス1320ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が政府閉鎖の経済への打撃に配慮して量的緩和の縮小開始を延期する見方が台頭していることや、米財政問題の先行き不透明感を背景にリスク回避としての金に買いが膨らんだ。プラチナ相場は金の上昇につれて反発。前日比8ドル高の1389ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!