ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年9月26日 本日の地金ニュース&トピックス

25日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米財政問題を巡る不透明感から安全資産としての買いが入り4営業日ぶりに反発。前日比20ドル高の1トロイオンス1336ドルで取引を終えた。米国の予算案交渉が難航し、30日までに可決されない場合、政府機関は10月から閉鎖に追い込まれる可能性があることや、また打開策として暫定予算が成立した場合でも、10月には連邦債務上限問題も控えているなど米財政問題を巡る不透明感が根強いため、安全資産とされる金が買われた。プラチナ相場は金の上昇を受けて4営業日ぶりに反発。前日比10ドル高の1428ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!