ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2013年9月13日 本日の地金ニュース&トピックス

12日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米量的緩和の縮小観測を背景に売りが膨らみ3日大幅に続落。前日比33ドル安の1トロイオンス1330ドルで取引を終え、8月15日以来ほぼ1カ月ぶりの安値を付けた。シリア情勢の緊張が緩んだことや、強い米経済統計を受け、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米量的緩和の縮小開始が示唆されるとの思惑から金売りが加速した。プラチナ相場は金の急落を受けて大幅下落。前日比30ドル安の1442ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!